「その他」カテゴリーアーカイブ

【コラム】咸臨丸の夢 ⑬     出港準備

◎何を積んでいったの?

yone コラム#13-1出港が迫る中、咸臨丸の準備は着々と進み、索具、帆の修理、機関の調整、荷物の積込み等が急ピッチで進められていった。

積み込んだ荷物について、何をどれだけ持っていったか、大いに気になるところ 記録が残っているので列記してみることにしましょう。

投稿 米川

続きを読む 【コラム】咸臨丸の夢 ⑬     出港準備

【コラム】咸臨丸の夢 ⑫ やっとの事で咸臨丸に    

◎ブルック大尉一行の乗船

yone コラム #12-1一度は決まった、別船仕立ての太平洋横断のメンバーであり、船であったがここに来て新たにブルック大尉とその部下10名のアメリカ人が乗船するという話が突然、持ち上がった。

投稿 米川

続きを読む 【コラム】咸臨丸の夢 ⑫ やっとの事で咸臨丸に    

【コラム】咸臨丸の夢 ⑪   いよいよ太平洋横断へと動き出す

◎ 別船仕立ての発案

yone コラム #11 -955x515(1)1858年7月29日(安政5年)日米通商条約が品川沖のポーハタンの船上で調印された。

この時、1年以内に批准書の交換をワシントンにて行う、そのための使節を日本から派遣する。 という取決めがなされたんです。

その後4名がその任を命じられたんですが、そのメンバーに水野忠徳、この人は前述した人で長崎奉行のときに軍艦購入と伝習所の設立に貢献した人。

投稿 米川

続きを読む 【コラム】咸臨丸の夢 ⑪   いよいよ太平洋横断へと動き出す

【コラム】 咸臨丸の夢 ⑨  長崎伝習所でのライケンさんの教育

◎ 第一次教師団の教育

yone コラム #9 -750x647長崎海軍伝習所は永井玄蕃頭(ながいげんばのかみ)を総督(所長)として組織された訳ですが、この人は後に日米通商条約の遣米使節団のリーダーに任命され、その時に咸臨丸での太平洋横断を企画し幕府へ申し入れをした人なんです(後に使節団から外されたみたいです)

投稿 米川

続きを読む 【コラム】 咸臨丸の夢 ⑨  長崎伝習所でのライケンさんの教育

【コラム】 咸臨丸の夢 ⑥  再度の黒船来航と日米和親条約締結

yone コラム#5 #6 -270x398-2◎ ペリー再来航

ペリー提督は約束通り、次の年の2月に再び浦賀に現われた。約束の4月か5月より早く。

他の諸国に抜け駆けされれば、元も子もないという心理が働いたのだろう、1回目の来航のあとすぐにロシアが来ている事はペリーの耳には入っていた筈。

2度目の来航は新たに蒸気外車船『ポーハタン』や帆走軍艦を加え全部で9隻の大艦隊でやって来た。               投稿 米川

続きを読む 【コラム】 咸臨丸の夢 ⑥  再度の黒船来航と日米和親条約締結

【コラム】 咸臨丸の夢 ⑤  すべては黒船来航事件から

yone コラム イラスト -609x284幕府が咸臨丸に代表される軍艦を急いで手に入れる必要に駆られたのは、それは取りも直さず、アメリカの黒船がやって来た、あの事件が全てなのですね。

大きく世の中が動いた衝撃的な大事件だったんです。     投稿 米川

続きを読む 【コラム】 咸臨丸の夢 ⑤  すべては黒船来航事件から

【コラム】咸臨丸の夢 ④  当時の船の技術革新は

◎木造から鉄製へ

yone コラム イラスト-444x376なんと言っても船が木から鉄に変わっていったということですね

鉄は18世紀末にイギリスで大量生産する方法が開発され、色んな構造物に使用される事になり、 有名なものではパリのエッフェル塔、1889年のパリ万博時に仰天の塔が建てられた。

当然、船にも使用することが考えられた。          鉄は木よりも強い、座礁や衝突時に沈没する危険が少ない。  投稿 米川

続きを読む 【コラム】咸臨丸の夢 ④  当時の船の技術革新は

【コラム】 咸臨丸の夢 ③  最新鋭のテクノロジーを搭載した咸臨丸

◎スクリュー駆動可能の帆船

yone コラム イラスト -375x287咸臨丸は当時としては最新鋭のプロペラスクリューで動く船だったんです。

オランダに発注する際、幕府は外車船が最先端の船だと思っていたので、その仕様で注文したのですが

オランダ側から今や世界はスクリューの時代ですって教えられ、仕様変更したぐらいで当時の船の技術は目まぐるしく変革した時代だったんですね。 投稿 米川

続きを読む 【コラム】 咸臨丸の夢 ③  最新鋭のテクノロジーを搭載した咸臨丸

【コラム】咸臨丸の夢 ②咸臨丸ってどんな船

yone コラム 咸臨丸-2-418x329皆さんは咸臨丸と聞いて何を思い浮かべますか?

私なんかは中途半端な知識で「幕末の頃、勝海舟が艦長として乗り込み日本人として初めて太平洋を横断しアメリカと平和条約を結んできた船」という風に覚えていたんです。                              船の科学館資料 咸臨丸の表紙より

投稿 米川

続きを読む 【コラム】咸臨丸の夢 ②咸臨丸ってどんな船

【コラム】咸臨丸の夢 ①咸臨丸を作ろう

yone コラム 咸臨丸-1-960x720(1)次回制作予定の咸臨丸について調べてみると、色んなことが判った話

帆船模型の制作の面白さは物づくりの面白さである事はもちろんのこと、その殆どの船は歴史上実在した船なので、その史実やその船の周辺の当時のことを調べると、

それはそれで「ヘエ〜そうだったのか」と感心することやびっくりすることがあって、制作している船にも 色んな想い入れが乗っかって、そんな空想をしながら制作するのも楽しいものだと 今、作っているサンタマリア号でそういう楽しみを発見したんです。

今回はプロローグと動機です。                                           投稿 米川

続きを読む 【コラム】咸臨丸の夢 ①咸臨丸を作ろう