7月の例会は通常開催です。

令和2年7月11日の例会は通常開催です。

通常開催はいつもの場所で

10時から技術交流会
13時から例会を開催します。
令和2年7月11日(土曜日) 13:00

三条高倉響ビル 2階 204号

三密を避けますので、必ずマスクを持参してください。

【コラム】咸臨丸の夢 ㉓   時代の荒波を往く咸臨丸

◎周辺緊急事態に駆り出される 

yone コラム#23-1咸臨丸が太平洋を横断し、帰国した当時の情勢は、外国人排除の攘夷思想やら、密かな討幕運動やらで国内は混沌とし、日本の周りには外国の軍艦がうろうろとうろつきまわり誠に物騒で、一触即発が何時でも、何処でも起こりそうな政情不安な社会だったんでね。

幕府の軍艦である咸臨丸も事あるごとに駆り出されていたんです。

投稿 米川

続きを読む 【コラム】咸臨丸の夢 ㉓   時代の荒波を往く咸臨丸

製作日誌 ビーグル HMS BEAGLE(16)

beagle #16-1帆船模型 ビーグル HMS BEAGLE (scale 1/55)の、スクラッチビルドによる製作日誌

第16回は、船体付属物作業の10回目です。

船体付属物作業、今回は「その他装備品」です。

アナトミーの、HMS BEAGLE の資料には、右上図の

2種類のコンパスイラストが掲載されています。

左図は、後部甲板上に設置されます。

右図は、後部甲板下に設置されます。

このイラストを基本に2種類のコンパスを製作しました。

吉村 製作

続きを読む 製作日誌 ビーグル HMS BEAGLE(16)

【コラム】咸臨丸の夢 ㉒ サンフランシスコを離れて復路航海へ  

◎咸臨丸の修理費 

yone コラム#22-1咸臨丸の修理の完了も間近くなって木村さんから修理費の支払いについて請求を申し入れたのに対し、カニンガム長官から政府の命令でアメリカ側で全て負担するので、支払いはいらないと返事が来た。

それはそれは、そうですかと済む訳もなくそれは困ると何度も話をしたみたいですが頑なに謝絶されてしまいます。

投稿 米川

続きを読む 【コラム】咸臨丸の夢 ㉒ サンフランシスコを離れて復路航海へ  

製作日誌 ビーグル HMS BEAGLE(15)

yoshi beagle #15-1帆船模型 ビーグル HMS BEAGLE (scale 1/55)の、スクラッチビルドによる製作日誌第15回は、船体付属物作業の9回目です。

船体付属物作業、今回は「アンカー関連」です。

アナトミーの、HMS BEAGLE の資料には、右図のアンカー配置イラストが、掲載されています。

これを基に作業を行いました。

吉村 製作

続きを読む 製作日誌 ビーグル HMS BEAGLE(15)

【コラム】咸臨丸の夢㉑   メア・アイランドの日々、そして食事は

◎サンフランシスコ散策 

yone コラム#21-2ポーハタン号も去り、ブルックさんも帰郷し、メア・アイランドは平穏な日々に戻ったようです。

皆は時間が空いている時はサンフランシスコまで行き、買い物を楽しんでいる様子。

ある日、福沢さんは中浜万次郎と一緒に書店を訪ね、万次郎の薦めるウェブスターの辞書を買った。

投稿 米川

続きを読む 【コラム】咸臨丸の夢㉑   メア・アイランドの日々、そして食事は

製作日誌 ビーグル HMS BEAGLE(14)

yoshi beagle #14-1帆船模型 ビーグル HMS BEAGLE (scale 1/55)の、スクラッチビルドによる製作日誌

第14回は、船体付属物作業の8回目です。

船体付属物作業、今回は「帆船航行装備品」です。

yoshi beagle #14-2アナトミーの、HMS BEAGLE の資料には、右上図の深海調査ウィンチのイラストが掲載されています。

このイラストを基本に製作図を作成しました。

深海調査ウィンチ製作図

吉村 製作

続きを読む 製作日誌 ビーグル HMS BEAGLE(14)